• トップページ
  • 【蓄電システム.com】のオリジナルソーラーパネルについて
  • 「AT-MA20A」20W単結晶ソーラーパネル

【蓄電システム.com】のオリジナルソーラーパネルについて

「AT-MA20A」20W単結晶ソーラーパネル

当ページでは、【蓄電システム.com】オリジナルの20W単結晶パネルの特長や、複数枚の並列接続、直列接続の可否判断、適合するコントローラーについて解説しております。

当店で販売しているオリジナルのソーラーパネルは、すべて中国製品であり中国各地のパネルメーカーへ直接オーダーメイドしているOEM品となります。また、当パネルは、JAsolar製のセルモジュールを採用した高品質パネルです。

「AT-MA20A」は、JAsolar製のセルモジュールを採用しています!

巷間、わが国で流通している中国製ソーラーパネルに関しましては、電気的な特性、仕様に関する数値をパネル裏面にシールで表示してありますが、実際にはその数値データには、いい加減なものが数多く出回っており、十分に気を付ける必要があります。

また、当店でよくある質問の中に、「購入したコントローラーが充電しない」というものがあります。ソーラーパネルは、負荷側となるバッテリーを接続しなければ発電は開始しませんので、この点も予めご理解ください。(満充電となった場合にも、コントローラーの制御で充電は一旦中止されます)

それでは以下、ソーラーパネルの特長についてご案内いたします。

20W単結晶パネルの電気的仕様

At-MA10A

型番 AT-MA20A
公称最大出力 20W
公称最大出力動作電圧  17.8V
公称最大出力動作電流 1.15A
公称開放電圧 22.5V
公称短絡電流 1.50A
外形寸法 345mm×485mm×25mm
重量 2.6kg
生産国 中国

当店オリジナルの20W単結晶パネルは、仕様値を見ておわかりのとおり、最大動作電圧が「17.8V」となりますので、単体使用では12Vバッテリーシステム専用となります。もちろん、このパネルを直列接続にして「35.6V」とすることにより24Vバッテリーシステムでも使用できます。

最大動作電流値は「1.15A」となり、PWM制御のチャージコントローラーでは、この数値が最大の充電電流値となりますので、当店で販売している3A容量程度のコントローラーで十分といえます。

20W単結晶パネルの主な用途

  • 学習、教材、実験用として教育機関で使用
  • 夜間のセキュリティ照明用として、3W〜5W程度のLEDと20Ah程度のバッテリーを使用
  • 非常用のノートPCの短時間利用電源、携帯電話充電用、または家庭のインターネット接続用のルーター電源として
  • 店頭の雨よけ代わり及び夜間のショーウィンドへのライトアップ用として

20W単結晶パネルの並列接続、直列接続

基本的に何枚でも並列接続は可能ですが、接続のためのケーブル損失が大きくなりますので、せいぜい5枚程度までとした方がいいでしょう。

直列接続に関しましては、チャージコントローラー側の最大入力電圧値と、バッテリー電圧値を考慮してその枚数を決めます。20Wクラスの発電量では、なかなか実用的なソーラー発電システムを構築することはできませんが、20Wパネルを5並列または5直列にしますと合計100Wとなりますので、これくらいの発電量になると100Ahクラスのバッテリーへの充電も可能となり、1枚からはじめて少しずつ増設するのも楽しいでしょう。

その他のパネルについて

お問合せフォーム

こんなセット商品作って欲しい! ご要望フォーム

twitterバナー(follow me!!)

PAGE TOP
このページの先頭へ

キーワード検索

商品コード検索